ごあいさつ

ようこそ!千城恵アーティスト・アカデミーへ!!

千城恵 アーティストアカデミー
当アカデミーは平成6年12月に元宝塚雪組男役スター・千城恵が創立致しました。

その後、生徒の要望を順次取り入れてジャズダンス、キッズバレエ、クラシックバレエ、タップダンス、キッズミュージカル、
ミュージカル、ピアノ、ジャズピアノ等、ダンスや楽器の
レッスンを増設。

宝塚・音大・芸大・劇団四季受験コースなどもあり、これまでに2人の宝塚音楽学校生(雪組:央雅光希、星組:本城くれは) と2人の劇団四季入団生(高須麻友美、宮本聖也)を輩出しています。

その他にも、全国アマチュアシャンソンコンクール優勝者(山田直毅)や歌唱賞受賞者(内海さゆり)、奨励賞受賞者(井戸久夫)など育成輩出。 そして宝塚北高校、大阪芸術大学、日大演劇科、舞台芸術学院など芸術系学校の合格者も多数輩出しており、生徒の中には卒業後、舞台から映像に活動を広げてタレントとして活動している者もいます。(エイジアプロモーション:下宮里穂子、他)

平成16年 「千城恵アーティスト・アカデミー」として現在の形
に改組。

姫路でも珍しい総合音楽スクールとして、通常のレッスン事業の他、関西圏から広く地域住民が参加し、プロの歌手やダンサーと共演するシャンソンの祭典「HIMEJIパリ祭」や、洋楽器と和楽器・洋舞と日本舞踊などをコラボレーションした企画ステージ「舞シャンソン」シリーズ、宝塚OGによるチャリティー・レビュー・ショー公演「夢の花咲く頃」シリーズ、青少年の健全な育成・情操教育と姫路の文化意識の形成発展を目指した「HIMEJIミュージカル」劇団の創設と定期公演の開催など、広く地域の文化振興・発展を目指し、精力的な活動を続けています。

特に、毎年公演しているHIMEJIパリ祭の開催は2014年に15周年を迎え、姫路の夏の定番公演として定着しつつあります。
そして、HIMEJIミュージカルは2016年春に発足10周年。旗揚げ以来、10回目の公演に挑みます!

これからも、千城恵アーティスト・アカデミーの活動に注目・応援下さいますよう宜しくお願い致します!

ようこそ!千城恵アーティスト・アカデミーへ!!

千城恵 アーティストアカデミー
【プロデューサー・シャンソン歌手】

兵庫県姫路市出身

1972年 宝塚歌劇団 初舞台。雪組男役スターとして活躍。
「ベルサイユのバラ」アラン役(初演)、「風と共に去りぬ」レット・バトラー役(新人公演)等に出演。

1986年 「三つのワルツ」で退団。
その後、東京を中心に様々なミュージカルの舞台に立ち、
シャンソンの老舗「銀巴里」に出演し、本格的なシャンソンを歌うようになる。

1994年 姫路に戻り音楽スタジオを開校
1998年7月 初のオリジナルCD「風のアンソロジー」(ミニアルバム4曲収録)をリリース。
千城恵 アーティストアカデミー
現在、ヴォーカル・ミュージカル等のプロを目指す後進の指導にあたりながら、『HIMEJIパリ祭』『舞・シャンソン』を始め、地域に密着した様々なコンサートやライブ、ダンスイベントをプロデュース・出演するなど、音楽による街作り活動にも積極的に力を入れている。

2006年3月 小学生から高校生を対象にしたキッズミュージカル劇団「HIMEJIミュージカル」を立ち上げ、オーディションで選抜された子どもたちを指導。

2007年2月 旗揚げ公演「MESSAGE FROM…」、2008年3月に第2回公演「モンキー・パラダイス」、2009年8月に第3回公演「心の花花の夢」を公演。
以降、毎年公演を開催。ミュージカルを通して子ども達の情操育成、地域の活性化・街造り活動に尽力する。

2007年9月 「東京會舘」及び、「宝塚ホテル」にて舞台生活35周年記念リサイタルを開催。

2012年5月 「姫路キャスパホール」にて舞台生活40周年記念リサイタル『これから』を開催。同年11月に『これから』のライブCDをリリース。

又、骨髄バンク推進活動及び、国際ゾンタクラブ会員として日々ボランティア活動にも力を注いでいる。




千城恵 プロフィール

千城恵の主な舞台経歴はこちら
ページトップ 千城恵アーティストアカデミー